基礎栄養学

【第33回・問70】摂食行動の調節に関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問70】摂食行動の調節に関する記述についての問題

 

摂食行動の調節に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

⑴ グルコース濃度の上昇により、空腹感が生じる。
⑵ 遊離脂肪酸濃度の上昇により、満腹感が生じる。
⑶ インスリンは、食欲を抑制する。
⑷ レプチンは、食欲を促進する。
⑸ グレリンは、食欲を抑制する。




正解

正しいのは

⑶ インスリンは、食欲を抑制する。

インスリンが分泌されると、食欲は抑制されます。

各選択肢の解説

  • ⑴ グルコース濃度の上昇により、満腹感が生じます
  • ⑵ 遊離脂肪酸濃度の上昇により、空腹感が生じます
  • ⑷ レプチンは、食欲を抑制させます
  • ⑸ グレリンは、食欲を促進させます

 

国家試験によくある、「抑制 = 促進」などの反対の言葉に置き替えられている問題ですね。

このような問題は、ちゃんと⑴~⑸まで落ち着いて読むとミスせず、点数を取りやすい問題なので

問題の途中で正解が分かっても、最後まで読むクセを付けましょう。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。