基礎栄養学

【第33回・問73】たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問73】たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述についての問題

 

たんぱく質とアミノ酸の代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

⑴ たんぱく質の摂取量が不足すると、窒素出納は正になる。
⑵ たんぱく質の摂取量が増加すると、尿中への尿素排泄量は減少する。
⑶ アルブミンは、腎臓で合成される。
⑷ トリプトファンは、パントテン酸に変換される。
⑸ バリンは、糖新生に利用される。




正解

正しいのは

⑸ バリンは、糖新生に利用される。

各選択肢の解説

  • ⑴ たんぱく質の摂取量が不足すると、窒素出納は負になります
  • ⑵ たんぱく質の摂取量が増加すると、尿中への尿素排泄量は増加します
  • ⑶ アルブミンは、肝臓で合成される。
  • ⑷ トリプトファンは、ナイアシンに変換される。

⑴と⑵は、不足しているって言っているのに「正」なるとか、摂取量が増加しているのに排泄量は「減る」とか

文章として変だし違和感しかないですから、大丈夫でしょう。

迷うとしたら⑷ですね。

「変換」という言葉以外にも、「トリプトファンはナイアシンの前駆体である」とか言い方を変えてきたりもしますので要注意です。

必須アミノ酸は確実に出題されるので、覚えておきましょう。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。