基礎栄養学

【第33回・問74】摂取するたんぱく質の量と質の評価に関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問74】摂取するたんぱく質の量と質の評価に関する記述についての問題

 

摂取するたんぱく質の量と質の評価に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

⑴ 無たんぱく質食摂取時には、窒素の糞便中排泄はない。
⑵ アミノ酸インバランスは、可欠アミノ酸の過剰摂取により起こる。
⑶ 正味たんぱく質利用率は、たんぱく質栄養価の化学的評価法である。
⑷ 小麦たんぱく質の第一制限アミノ酸は、リシンである。
⑸ アミノ酸の補足効果は、卵白たんぱく質に対して発揮される。




正解

正しいのは

⑷ 小麦たんぱく質の第一制限アミノ酸は、リシンである。

各選択肢の解説

  • ⑴ 無たんぱく質食摂取時にも、窒素の糞便中排泄はあります
  • ⑵ アミノ酸インバランスは、一部の制限アミノ酸の過剰摂取により起こります。
  • ⑶ 正味たんぱく質利用率は、たんぱく質栄養価の生物学的評価法です。
  • ⑸ アミノ酸の補足効果は、卵白たんぱく質に対して発揮されません

 

この問題は「制限アミノ酸」を理解していないと正解するのは難しいです。

「制限アミノ酸」と「アミノ酸インバランス」についての問題は毎年出ているので、しっかりと理解しましょう。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。