基礎栄養学

【第33回・問75】糖質の代謝に関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問75】糖質の代謝に関する記述についての問題

 

糖質の代謝に関する記述である。正しいのはどれか2つ選べ

⑴ 腎臓は、糖新生を行う。
⑵ 吸収された単糖類は、リンパ管を介して肝臓に運ばれる。
⑶ 肝臓は、グルコースから脂肪酸を合成できない。
⑷ 骨格筋は、グルコース6 リン酸からグルコースを生成する。
⑸ 脳は、飢餓の時にケトン体を利用する。




正解

正しいのは

⑴ 腎臓は、糖新生を行う。

⑸ 脳は、飢餓の時にケトン体を利用する。

の2つです。

各選択肢の解説

  • ⑵ 吸収された単糖類は、門脈を介して肝臓に運ばれるます
  • ⑶ 肝臓は、グルコースから脂肪酸を合成できます
  • ⑷ 骨格筋は、グルコース6 リン酸からグルコースを生成できません

この問題で迷うのは⑴と⑷ですね。

激しい飢餓状態になると腎臓でも糖新生は行われます

肝臓ならすぐに糖新生をするとわかりますが、腎臓でと聞かれると悩んでしまいますよね。

グルコース6-リン酸からグルコースを生成する糖新生では、グルコース6-ホスファターゼという酵素が必要なんですが

グルコース6-ホスファターゼは骨格筋には無いので、グルコースを生成できません。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。