基礎栄養学

【第33回・問77】食後の脂質代謝に関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問77】食後の脂質代謝に関する記述についての問題

 

食後の脂質代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。
⑴ 血中のVLDL 濃度は、低下する。
⑵ 血中の遊離脂肪酸濃度は、上昇する。
⑶ 肝臓でトリアシルグリセロールの合成は、亢進する。
⑷ 肝臓でケトン体の産生は、亢進する。
⑸ 脂肪組織でホルモン感受性リパーゼ活性は、上昇する。




正解

正しいのは

⑶ 肝臓でトリアシルグリセロールの合成は、亢進する。

各選択肢の解説

  • ⑴ 血中のVLDL 濃度は、上昇します
  • ⑵ 血中の遊離脂肪酸濃度は、低下します
  • ⑷ 肝臓でケトン体の産生は、低下します
  • ⑸ 脂肪組織でホルモン感受性リパーゼ活性は、低下します

トリアシルグリセロールとVLDL

食後に何が亢進して、何が低下するのかを聞かれている問題です。

VLDLとは「超低比重リポタンパク質」のことですが、このVLDLは肝臓から抹消組織にトリアシルグリセロールを供給する役割があります。

⑴と⑶の文章は矛盾した文章どうしで

トリアシルグリセロールが増えればVLDLも増えるし、トリアシルグリセロールが減ればVLDLも減ります

なので、この矛盾に気付けば正解を出すのは簡単ですね。

ケトン体

ケトン体は、飢餓状態になりグルコースが無く、血糖値が低下した状態になると肝臓から出てくるので

食後にケトン体の生産が亢進することはありません。

ケトン体に関する問題は、食後や空腹時に上がるか下がるかと、脳のエネルギー源として使えるかどうか。ぐらいです。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。