基礎栄養学

【第33回・問78】コレステロール代謝に関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問78】コレステロール代謝に関する記述についての問題

 

コレステロール代謝に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

⑴ コレステロールは、エネルギー源として利用される。
⑵ コレステロールは、甲状腺ホルモンの原料となる。
⑶ コレステロールの合成は、食事性コレステロールの影響を受けない。
⑷ 胆汁酸は、腸内細菌により代謝される。
⑸ 胆汁酸は、大部分が空腸で再吸収される。




正解

正しいのは

⑷ 胆汁酸は、腸内細菌により代謝される。

各選択肢の解説

  • ⑴ コレステロールは、エネルギー源として利用されません
  • ⑵ コレステロールは、ステロイドホルモンの原料となる。
  • ⑶ コレステロールの合成は、食事性コレステロールの影響を受けます
  • ⑸ 胆汁酸は、大部分が回腸で再吸収される

コレステロール

コレステロールって「脂質」のイメージがあって、エネルギー源として利用できるんじゃないか。と思っている人もいますが

コレステロールはエネルギー減として利用されません。(私も昔は思っていました)

ちなみに、甲状腺ホルモンの原料はヨウ素です。

胆汁酸

胆汁酸は、肝臓でコレステロールが酸化することで生産されます。

⑷では代謝と書かれているからわかりにくいですが

肝臓で生産された胆汁酸は一次胆汁酸と言い、この一次胆汁酸が腸内の微生物によって二次胆汁酸(代謝物)になります

⑸の記述では再回収とか書かれていませんが、再回収の方法「能動輸送」を聞かれる問題が出る可能性もあります。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。