基礎栄養学

【第33回・問79】ビタミンB 群に関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問79】ビタミンB 群に関する記述についての問題

 

ビタミンB 群に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

⑴ ビタミンB1 が欠乏すると、血中の乳酸値が低下する。
⑵ ナイアシンの必要量は、エネルギー消費量が多くなると増加する。
⑶ ビタミンB6 の必要量は、たんぱく質の摂取量が多くなると減少する。
⑷ 葉酸が欠乏すると、悪性貧血になる。
⑸ ビタミンB12 が欠乏すると、血中ホモシステイン値が低下する。




正解

正しいのは

⑵ ナイアシンの必要量は、エネルギー消費量が多くなると増加する。

各選択肢の解説

  • ⑴ ビタミンB1 が欠乏すると、血中の乳酸値が上昇します
  • ⑶ ビタミンB6 の必要量は、たんぱく質の摂取量が多くなると増加します
  • ⑷ ビタミンB12 欠乏すると、悪性貧血になる。
  • ⑸ ビタミンB12 が欠乏すると、血中ホモシステイン値が上昇します

悪性貧血

悪性貧血はビタミンB12 の欠乏によって起こります。

このビタミンB12 の欠乏に関わる記述はかなり出題されやすいので

なぜビタミンB12 が欠乏すると悪性貧血が起こるのか?を覚えておくと点数が取れます。

悪性貧血の原因

胃粘膜が萎縮することで、ビタミンB12の吸収に必要な内因子が低下するためにDNAの合成が障害され、正常な赤血球ができなるために起こる貧血。

ちなみに

ビタミンB12の吸収に必要な内因子は胃壁細胞から分泌されます。(第31回の試験にこの記述が出ました。)

ちなみにちなみに

葉酸の欠乏によっておこる貧血は巨赤芽球性貧血です。

ちなみにちなみにちなみに

巨赤芽球性貧血は葉酸またはビタミンB12の欠乏によっておこります。

マジでここらん覚えるのめんどくさいですが、確実に出題されます。

ビタミンB1

ビタミンB1が欠乏すると、糖質の分解ができなくなり、乳酸が貯まってしまってアシドーシスを起こす可能性があります。

ビタミンB1欠乏だと脚気ぐらいしか思いつかない人もいますが

ビタミンB1欠乏 → 乳酸値上昇 → アシドーシス

の流れも覚えておいてください。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。