基礎栄養学

【第33回・問80】ビタミンCに関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問80】ビタミンCに関する記述についての問題

 

ビタミンCに関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

⑴ 体内に蓄積しやすい。
⑵ 還元作用をもつ。
⑶ 非ヘム鉄の吸収を抑制する。
⑷ 欠乏すると、血液凝固が亢進する。
⑸ 腸内細菌によって合成される。




正解

正しいのは

⑵ 還元作用をもつ。

各選択肢の解説

  • ⑴ 体内に蓄積しにくい
  • ⑶ 非ヘム鉄の吸収を促進します
  • ⑷ 欠乏すると、血液凝固が低下します
  • ⑸ 腸内細菌によって合成されません

この問題はラッキー問題ですね。

水溶性・脂溶性、各ビタミンの特性を覚えていれば難なく点数が取れます。

水溶性・脂溶性

ビタミンCは水溶性のビタミンなので、体内に蓄積しにくいです。

私は水溶性・脂溶性のビタミンを覚えるときに「ビタミンD・A・K・E(だけ)脂溶性」と覚えて

DAKE(だけ)つまり、ビタミンA・D・E・K以外は水溶性のビタミン。と思えました。参考までに。

ビタミンCの合成

人間を含む類人猿はビタミンCを体内で合成できません。

この問題では「腸内細菌」と書いていますが、ようは体内で出来るか出来ないのか聞いています。

非ヘム鉄の吸収

ビタミンCは非ヘム鉄の吸収を促進する効果がありますが

詳しいメカニズムはめちゃくちゃ複雑なので、とりあえず「ビタミンCは非ヘム鉄の吸収を促進する」とだけ覚えておけば大丈夫です。

詳しいことはこちらのサイトに書いていますので、興味がある方は参考までに。

貧血予防に新たな指針 ~ ビタミンCが鉄分の吸収を促進するメカニズムを原子レベルで解明 ~(プレスリリース)

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。