基礎栄養学

【第33回・問81】鉄の栄養に関する記述についての問題と解説

栄養辞典基礎栄養学

【第33回・問81】鉄の栄養に関する記述についての問題

 

鉄の栄養に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

⑴ 消化管における非ヘム鉄の吸収率は、ヘム鉄と比べて高い。
⑵ 消化管における非ヘム鉄の吸収率は、鉄欠乏により低下する。
⑶ 体内の総鉄量の大部分は、貯蔵鉄として存在する。
⑷ 体内の機能鉄の大部分は、骨格筋に存在する。
⑸ 赤血球の破壊で遊離した鉄は、ヘモグロビンの合成に再利用される。




正解

正しいのは

⑸ 赤血球の破壊で遊離した鉄は、ヘモグロビンの合成に再利用される。

各選択肢の解説

  • ⑴ 消化管における非ヘム鉄の吸収率は、ヘム鉄と比べて低い
  • ⑵ 消化管における非ヘム鉄の吸収率は、鉄欠乏により上昇します
  • ⑶ 体内の総鉄量の大部分は、機能鉄として存在します。
  • ⑷ 体内の機能鉄の大部分は、血液に存在します

ヘム鉄と非ヘム鉄

ヘム鉄は、たんぱく質(炭素)と結合している鉄(Fe2+)で、二価鉄ともいいます。

非ヘム鉄は、たんぱく質(炭素)と結合していない鉄(Fe3+)で、三価鉄ともいいます。

ヘム鉄は主に動物性の食材に含まれていて、非ヘム鉄は主に植物性の食材に含まれています。

ヘム鉄と非ヘム鉄では、ヘム鉄の方が吸収率が高く

ヘム鉄の吸収率は、非ヘム鉄の2~4倍も高いです。

最低でも、「ヘム鉄と非ヘム鉄では、ヘム鉄の方が吸収率が高い」は覚えておいてください。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。