応用力試験

【第33回・問92】離乳の進め方に関する記述についての問題と解説

応用栄養学

【第33回・問92】離乳の進め方に関する記述についての問題

 

離乳の進め方に関する記述である。正しいのはどれか。1 つ選べ。

⑴ 離乳の開始前に、果汁を与えることが必要である。
⑵ 離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした食物を初めて与えた時をいう。
⑶ 離乳の開始後ほぼ1 か月間は、離乳食を1 日2 回与える。
⑷ 調味料は、離乳食の開始時から必要である。
⑸ 母乳は、離乳の開始後与えないようにする。




正解

正しいのは

⑵ 離乳の開始とは、なめらかにすりつぶした食物を初めて与えた時をいう。

各選択肢の解説

  • ⑴ 離乳の開始前に、果汁を与えることは特に必要ありません
  • ⑶ 離乳の開始後ほぼ1 か月間は、離乳食を1 日1 回与える
  • ⑷ 調味料は、必要ありません
  • ⑸ 母乳は、欲するままあたえましょう

離乳食の回数

離乳食は開始初期(生後5~6か月目)で1回。

中期(生後7~8か月)で2回。

後期(生後9か月以上)で3回。

とだんだんと増やしていくのが理想とされています。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。