応用栄養学

【第33回・問95】サルコペニアに関する記述についての問題と解説

応用栄養学

【第33回・問95】幼児期に関する記述についての問題

 

サルコペニアに関する記述である。誤っているのはどれか。1 つ選べ。

⑴ 握力は、低下する。
⑵ 歩行速度は、保たれる。
⑶ 加齢が、原因となる。
⑷ 食事の摂取量低下が、原因となる。
⑸ ベッド上安静が、原因となる。




正解

誤っているのは

⑵ 歩行速度は、保たれる。

各選択肢の解説

この問題では間違っている記述を選択するので

パッと問題文を読んだ瞬間に「これじゃん」と正しい記述を選んでしまうと勿体ないので

落ち着いて問題文を読めば、難なく点数が取れる問題ですので、このような問題は気を付けてください。

サルコペニア

サルコペニアとは、加齢によって筋肉量が低下することです。

記述の「⑶ 加齢が、原因となる」はもちろんのこと

「⑷ 食事の摂取量低下が、原因となる」「⑸ ベッド上安静が、原因となる」も筋肉量が低下につながるので、正しい記述です。

しかし「⑵ 歩行速度は、保たれる」は筋肉量が低下しているのに、歩く速度は変わらないなんておかしいですよね。

おすすめの過去問集

私が受験時代に使っていた過去問集はSGS管理栄養士国家試験/過去問題&解説集で

大変お世話になったので、おすすめです。