国家試験対策

第33回管理栄養士国家試験の合格率と合格者数は?既卒受験者の合格率が20.4%、5人に1人が合格!

第33回 管理栄養士国家試験の 合格率と合格者数は?

平成最後、第33回管理栄養士国家試験の結果が発表されました。

第33回管理栄養士国家試験では

受験当日にTwitterで話題になった問題などがありました。

この記事では、第33回管理栄養士国家試験の合格率や傾向を

現役の管理栄養士が思った感想などを交えお話していきます。

第33回管理栄養士国家試験の受験者数・合格者数・合格率

さっそく、第33回管理栄養士国家試験の結果を見ていきましょう。

受験者数 合格者数 合格率
17,864名 10,796名 60.4%

参照:厚生労働省HP

前回の第32回も60.8%と、2年連続で60%超えの高い合格率となりました。

近年は、国家試験対策の教材(サイトや動画、アプリ)などが豊富ですし

Twitterでは、試験科目別のbotアカウントなど、試験勉強のハードルがぐっと低くなったのが、高い合格率の要因でしょう。

第33回管理栄養士国家試験は既卒者の合格率が20%超え!!

では次に、学校区分別の合格率を見ていきます。

受験者数 合格者数 合格率
管理栄養士養成課程(新卒) 9,574名 9,140名 95.5%
管理栄養士養成課程(既卒) 1,508名 271名 18.0%
栄養士養成課程(既卒) 6,782名 1,385名 20.4%

参照:厚生労働省HP

管理栄養士養成課程(新卒)者の合格率は、相変わらず高い数字ですね。

今回注目すべきは

栄養士養成課程(既卒)者の合格率が20%を超えていることです!!

前回の第32回、栄養士養成課程(既卒)者の合格率が15%ほどでも「めちゃくちゃ高いな!!」と思っていたのに

今回の第33回では、さらに5%も合格率が増えました。

管理栄養士養成課程(既卒) 者の合格率よりも、栄養士養成課程(既卒)者の合格率の方が高いだなんて、今まで無かったのではないでしょうか。

20.4%という数字は、これから試験を受ける栄養士養成課程(既卒)者のにっとて希望になりますね。

過去これまでの、管理栄養士国家試験の受験者数・合格者数・合格率

管理栄養士国家試験は昭和62年から始まり、これまで32回実施されました。

これまでの受験者数・合格者数・合格率をグラフで見てみましょう。

【受験者数(濃い青)・合格者数(水色)】
過去これまでの、管理栄養士国家試験の受験者数・合格者数
【合格率(紫)】
過去これまでの、管理栄養士国家試験の合格率

受験者数は第1回から徐々に増えており、ピークは平成17年(2005年)の第19回で30,457人。

後にも先にも、受験者数が3万人を超えたのは第19回の他にありません。

管理栄養士国家試験の開始から徐々に増えている受験者数とは逆に、徐々に下がっている合格率。

1番低い時で平成16年(2004年)の第18回の15.6%。27,871人が受験し、4350人しか合格していません。

この数字は、栄養士養成課程(既卒)者だけではなく。管理栄養士養成課程(新卒)者も含めた全体の数字とういこと。

全体の合格率が、第33回の栄養士養成課程(既卒)者よりも低いとか、恐ろしい時代ですね。

ちなみに、オレが合格したときの第26回(平成24年)は、急に合格率が跳ね上がった年で

第26回より前の過去5年は、合格率がそんなに高くなかったですが、第26回ではいきなり15%も全体の合格率が上がった年に合格しました。それでも49.3%で、第32・33回の合格率が非常に高い数字であることがわかりますね。

第33回管理栄養士国家試験で、最後の最後に受験者を襲った200問目

第33回管理栄養士国家試験で

作業工程や作業動線について聞かれる問題が、試験終了直後にTwitterで話題になりました。

その問題がこちら

200 ピーラーが故障し、当日の作業工程の変更をしなければならなくなった。予定では、A班はじゃたいもの下処理と鮭のムニエルを、B班はサラダを、C班はスープを担当することになっていた。変更内容として、最も適切なものはどれか。1つ選べ。

(1) A班のみでじゃが芋の皮むきを行い。鮭の焼き時間を遅らせる。
(2) B班が、ブロッコリーをゆでた後、冷却中にじゃたいもの皮むきを手伝い、その後サラダを仕上げる。
(3) C班が、キャベツの洗浄・切裁を終えた後、じゃがいもの皮むきを手伝い、その後スープの加熱と調味を行う。
(4) A班、B班、C班の全員が、じゃがいもの皮むきを行い、その後それぞれ予定の作業を行う。

補足:600食の小学校の設定。

この問題の正解は「4」でした。

解答速報を出していた数社は、この問題の正解を「3」と出していましたが

作業工程や作業動線についての問題なのに、結局は「4」の【みんなで頑張ろう!】が正解って、訳のわからない問題です。

他にもいろいろとツッコミたいことがあるので、詳しくはこちらに書いています。

まとめ

まだ、問題を入手していないので断定はできませんが

合格率だけをみると、第33回管理栄養士国家試験は例年と比べて難易度が低く、受験者にとってはラッキーな年だったのだと推測できます。