栄養士

料理が苦手で出来なくても栄養士・管理栄養士になれるよ【むしろ料理が出来ない栄養士の方が多いんじゃね?】

料理が出来なくても栄養士になれるの?

突然ですが、よくこんな質問を耳にします

 

質問者
質問者
料理が出来なくても、栄養士になれますか?

 

栄養士。管理栄養士って食に携わる仕事だから、料理が作れないと栄養士になれないんじゃないか?と思っている方へ。

結論から言うと

料理が出来なくても栄養士になれます。

この記事では、なぜ料理が出来なくても栄養士になれるのか。を説明いたします。

3分ほどで読めますのでお付き合いいただけると嬉しいです。

栄養士・管理栄養士免許の取得に料理の技術は必要ない

そもそも、栄養士免許、管理栄養士免許を取得するには

【栄養士】の取得方法

厚生労働大臣の指定した栄養士養成施設または管理栄養士養成施設において2年以上栄養士としての必要な知識及び技能を修得し、都道府県知事の免許を受けた者を指し、栄養士法によって定められた国家資格である。

栄養士資格を取得するには、必ず栄養士資格必修科目50単位を全て修得して栄養士養成施設を卒業しなければならない。
参照:Wikipedia

 

【管理栄養士】の取得方法

管理栄養士の免許は、栄養士免許を得た後に一定期間栄養の指導に従事した者(栄養士養成施設の在学期間+実務経験の合計が5年)、または管理栄養士養成施設を修了して栄養士免許を得た者(4年制の大学や専門学校。実務経験不要となるため、4年生の時に、栄養士免許及び管理栄養士国家試験受験資格の両資格取得見込み扱いで即受験可能)が、厚生労働省の実施する管理栄養士国家試験に合格した者に対して、厚生労働大臣が与える。
参照:Wikipedia

 

って言われてもわからないですよね。

ざっくり言うと

栄養士は
専門の学校で栄養士になるための勉強や実習をして、ちゃんと単位が取れたら栄養士になれますよー。

管理栄養士は
栄養士を持っている人が実務経験を積む、または管理栄養士養成校で4年生のときに、管理栄養士の国家試験を受け、合格できたら管理栄養士になれますよー。

という感じです。

調理の実習や試験があるが、よっぽどのことが無い限り落ちないから大丈夫

栄養士を取得するためには、栄養士を育成する大学・短大・専門学校で必須単位を取る必要があり

その中には調理実習もありますが

ちゃんと調理実習に出席しレポートもしっかり提出していれば、よっぽどのことが無いかぎり単位が貰えます。

管理栄養士の場合、国家試験(選択式ペーパーテスト)に合格すれば免許が貰えるので

栄養士・管理栄養士どちらも料理が作れなくても免許が取得できます。(学校によっては調理実習で調理技術のテストはある)

調理実習やってんなら料理できるじゃん。と思われた方もいるでしょうが

義務教育の小学校から家庭科の授業で調理実習があるのに、世の中には料理が作れない人が沢山います。

栄養士の学校で料理実習をしたからといって、全員が全員、料理が出来るようになることはありません。

料理が出来ない栄養士・管理栄養士は、意外とけっこういる

栄養士・管理栄養士の学校を出ても料理が出来ない人がいる。といいましたが、私も昔は全く料理ができませんでした。

学生時代の調理実習では、もともと料理が出来る人たちが率先して料理をつくっていたので、私は基本的に洗いもばかり。

そもそも料理がそんなに好きじゃなかったので、正直いって楽でした。

委託会社の栄養士は調理も仕込みも盛り付けも洗浄もする【何でも屋】

そんなこんなで私は栄養士の学校(短大)を卒業して栄養士になり、給食委託会社に入ったんですが

配属先では初日から、毎日毎日、仕込みの日々。

玉ねぎ20kg・キャベツ15kg・ピーマン8kgなどを

野菜をひたすら切って、切って、切りまくった。

指を切った回数は数えきれないぐらいに、包丁を握り続け

調理師のおっちゃんに切り方を教わりながら、半年も経つ頃には手元を見ずに玉ねぎを切れるぐらいに上達し

さらに半年も経つ頃には簡単な調理もやらされ、まかないも作るように。

給食委託会社に勤めていたときは、栄養士というよりも調理員として働いていました。栄養士業務何それ?おいしいの?状態。

私の調理スキルが上がったのは、怒涛の【調理・仕込み】業務経験があったからです。

全ての栄養士が仕込みをするとは限らない

しかし、全ての栄養士がこのように仕込みや、調理をやるわけではありません。

献立作成やチーフ栄養士として厨房運営したり、栄養指導やカンファレンスに携わって厨房業務を一切やったことのない管理栄養士もいます。

「献立作成をするなら現場をわかっていないとダメだ」と、よく聞きますし、言っている人もいますが

厨房にどんな設備があるのか把握し、作れないメニューや、作業上無理なメニューの組み合わせを理解する。って意味で

その献立だと現場が大変とか、仕込みが多くなるとか、そういう意味ではないです。

話がちょっとそれましたが、栄養士だからといってみんながみんな、絶対に仕込みや調理に携わることはないので

全ての栄養士・管理栄養士が料理が出来るわけではないです。

栄養士は調理師じゃない

見込み受験はもうできない。管理栄養士国家試験の受験までに最短でも4年かかるよ。

そもそも栄養士・管理栄養士は

その人、または大多数の人に適切な栄養価の献立を作成したり、疾病の改善や予防のために栄養学の観点からアドバイスや指導を行うのが主な仕事であって

料理を作るのが主な仕事ではありません。

料理を作るのは調理師さんです。

栄養士と調理師の区別がつかない人が多いみたいで、同じ料理に携わっている仕事ですが、基本的な仕事内容は別です。

飲み会でよく、「え~栄養士なんですか!?料理とか上手なんですね~、すごーい!」とか言われますが

毎回心の中では「栄養士は調理師じゃねーよ!栄養士と調理師の区別もつかねーのかこのヤリ〇〇は!」と毒づいています。

話を戻すと、料理が出来なければ栄養士になれない。ということはありません。

料理が出来る栄養士は、もともと料理が出来る人

料理が出来ない栄養士が多いといいましたが、料理が得意な栄養士はもちろんいます。

そうゆう人は、もともと料理を作るのが好きな人が、栄養士になっただけです。

「食べるのが好き」

「料理をするのが好き」

「美容や健康について学びたい」

など栄養士になりたい理由は人それぞれです。

仮に、料理を作るのが好きで栄養士になった人と、美容や健康について学びたくて栄養士になった人では、モチベーションの置き場が違うので

料理が得意な栄養士と、料理が出来ない栄養士がいるわけです。

栄養士は料理が上手にこしたことはない

料理が出来なくても栄養士・管理栄養士になれますが

栄養士が料理が作れることにこしたことはありません。

献立作成でも、栄養指導でも、料理が上手で作り方をアドバイス出来たり、実践できたりすれば仕事の幅が広がります。

料理が出来るということは、栄養士にとってメリットであり、デメリットになることはありえません。

まとめ

栄養士・管理栄養士免許の取得に料理の技術は必要ない。

料理を作るのが好きな人が他の職種よりも多いだけで、料理を作れない栄養士・管理栄養士もいっぱいいる。

だけど、料理を作れると栄養士・管理栄養士として仕事の幅が広がりますよ。